RAB涼宮あつきがレポート! RAB(リアルアキバボーイズ)主催のアニソンダンスバトル全国大会『アキバ×ストリート5』 個性が溢れた大阪予選!#アキスト





AS_OSAKA_01

2018年9月8日(土)RABことリアルアキバボーイズが主催しているアニソンダンスバトルの全国大会

『アキバ×ストリート5』通称『アキスト』の大阪予選が開催された。

アキストとして関西にやって来たのは今回で5回目だが

なんといっても関西A-POPシーンの特色はその地域柄か、

ダンサーとしてのコアな部分やそれに基づいた確かな基礎力、

ひたむきに自分の選択したダンスジャンルと真摯に向き合っているダンサーが多いと感じる。

そしてそのレベルの高さにも毎回驚かされっぱなしだ。

今回もそんな大阪予選をレポート。

 

1回戦目から注目の対戦カードは”好楽 vs 咲き乱れたんぽぽ(ツカサ)”

選曲はアニメ「彼女がフラグをおられたら」のOP曲「クピドゥレビュー」に乗せ「好楽」が先攻、得意の縦系ブレイクダンスで見事なジョーダン音ハメフリーズを決め会場を沸かせる。

 

それに対し後攻の「咲き乱れたんぽぽ(ツカサ)」が様々なジャンルを取り入れた引き出しの多いフリースタイルで会場の空気を盛り返そうとする。

しかし「好楽」の3秒停止フリーズのインパクトが強く勝敗は「好楽」が制する。

そしてベスト8

”タヲるん vs Ko-Key”のバトルも注目度が高かった。

「Ko-Key」は今関西のA-POPシーンを引っ張っている期待の若手BBOYで、

危なげなくここまで勝ち上がってきた。

 

対する「タヲるん」はアニソンでLOCKを踊るために生まれてきたようなエネルギッシュなダンサーで過去のファイナリスト経験者でもある。

どちらもジャンルが違う二人だが、お互い練習場所が一緒だったりと見知った仲だけにバトルの展開が注目される。

 

そんな高カードのバトル、まず先攻を取ったのは「Ko-Key」

選曲はアニメ「ひなこのーと」のOP曲「あ・え・い・う・え・お・あお!!」

彼は今回手首を負傷してしまい得意のエアートラックスを封印した状態でのバトル参戦となったがその怪我を全く感じさせないスキルフルなムーブで会場を沸かせラストの音ハメエアチェアも見事に決まっていた。

 

対する後攻の「タヲるん」は歌詞に合わせたハイテンションなLOCKで会場を沸かせたかと思えば中盤、BBOY顔負けの倒立フリーズからのエンドレススピンフリーズを決めこれには審査員もオーディエンスも驚きを隠せなかった。

そして勝敗は終始ムーブ内容に隙がなかった「タヲるん」に軍配が上がった。

AS_OSAKA_02

またこの日は色んな個性を持っているダンサーが多く

「うみお☆おりじなる」はそのファッションセンスから既にナチュラルなお洒落を醸し出しており、またA-POPシーンには居ないタイプの踊り方をするソウルフルなLOCKERであると感じた。

 

BBOYの「アクシー」は終始自分のペース、スタンスを崩さず不思議な空気感を持っており観ている者を静かに引き込ませる何かがあった。関東からやってきた熊本出身のAB-BOY「FUMI-ROCK」は絶対に優勝するんだという気迫と、その曲に対する理解度、気合の入ったムーブがこのアキストに対する彼の本気度を強く感じさせた。

AS_OSAKA_03

そんなレベルの高いダンサーが多い中、決勝まで勝ち上がって来たのは

”タヲるん vs 好楽”

この二人はアキスト1からの参加者であり、関西のA-POPシーンをずっと盛り上げてくれている二人だけに

どちらが勝っても胸を張って関西代表として名乗ることができるだろう。

そして決勝戦、選曲はアニメ「銀の匙 Silver Spoon」のED曲「オトノナルホウヘ→」からバトルはスタートした。

 

まずはこの曲で先攻を取ったのは「好楽」縦系ブレイクダンスのバリエーションの多さや、細かい音ハメ、更には連続エアチェアコンボで会場を沸かせた。

対する「タヲるん」も「好楽」の技のインパクトに引けを取らないアクロバティックなLOCKや、キャッチーな動きの連発、そして最後には歌詞に合わせた連続ダブルシフトで対抗。

続くセカンドラウンド、選曲はアニメ「劇場版トリニティセブン」の収録曲「BEAUTIFUL≒SENTENCE(Zero Answer Question)」

先攻の「好楽」はここまで体力を相当削られる縦系ブレイクダンスで若干のミスもあったが最後の最後まで絞り出したその姿勢はBBOY魂を感じざるを得なかった。

そして「タヲるん」のラストムーブはやはり歌詞、曲の対する展開を完全に理解しきっており、見事に自身のLOCKスタイルで最後まで踊り切っていた。

見事この熱いバトルを制したのは「タヲるん」これで彼は二度目のファイナリストとなった。

AS_OSAKA_04

しかし彼は優勝コメントで「前回ファイナリストになったときは東京の当日予選で勝ったので今回は関西代表として皆の分まで背負って優勝する」と熱いコメントを残した。

そんな個性派ダンサー達が揃ったこの大阪予選の頂点として彼はきっとファイナルでも存分にカマしてくることは間違いないだろう。

 

【結果】

[優勝]

タヲるん

[準優勝]

好楽

[ベスト4]

FUMI-ROCK

アクシー

<Event info><akist_logo.jpg>

アニソンダンスバトル全国大会アキバ×ストリート5

4月28日(土) 超会議予選/ニコニコ超会議<終了>

9月1日(土) 東京予選/池袋mismach<終了>

9月2日(日) 名古屋予選/club JB’s <終了>

9月8日(土) 大阪予選/日本橋COCHLEA. <終了>

9月9日(日) 福岡予選/天神Club selecta <終了>

9月15日(土) 北海道予選/札幌Studio Japan

9月29日(土) 前日予選/Space emo

各予選観覧チケット発売中→http://akiba-street.jp/archives/503/

9月30日(日) アキバ×ストリート5FINAL/新宿BLAZE

アニソンダンスバトル日本一決定戦
全国予選を勝ち抜いたファイナリスト7名、そしてアキバストリート4チャンピオンによる日本最強オタクダンサー決定トーナメント!

[ソロバトル優勝賞金]20万円+協賛各社副賞

[クルーバトル優勝賞金]10万円+協賛各社副賞

[GuestArtist]

亜咲花

二人目のジャイアン

TRIQSTAR

九州男児新鮮組

Alaventa

[MC]けいたん&ザカルト

[ソロバトルジャッジ]

涼宮あつき from RAB(リアルアキバボーイズ)

マロン from RAB(リアルアキバボーイズ)

ムラトミ from RAB(リアルアキバボーイズ)

DRAGON from RAB(リアルアキバボーイズ)

メガネ(アキバストリート1期ファイナリスト)

とける(アキバストリート1期ファイナリスト)

石川ゆみ(振付け師)

[クルーバトルジャッジ]

KITE(フォーマーアクション)

DRAGON from RAB(リアルアキバボーイズ)

石川ゆみ(振付け師)

詳細→http://akiba-street.jp/archives/413/

 

記事を書いた人

図1

涼宮あつき from RAB(リアルアキバボーイズ)
 
RAB(リアルアキバボーイズ)の赤色担当。
キャッチーコピーは熱血アフロ。
長い手足を活かしたダイナミックパフォーマンスは圧巻!
日本代表として世界大会に出場した経験もあり、
ストリートのブレイクダンサーからも多数注目されている。
イベントオーガナイザーとしての顔も持っており、
アニソンダンスバトルイベント界のパイオニア的存在になっている。
代表イベントの2on2アニソンダンスバトル”あきばっか~の”は、
回数を重ねる毎に大きくなってっており集客1000人規模の
モンスターイベントに成長した。
また、アニソンダンスバトルで培ったセンスと経験を活かした選曲と、
アニメオタクとしての知識が融合した独自のスタイルでDJとしても
活動しており、多くのアニクラでオーディエンスを盛り上げている。

 

関連情報

RAB Official Web

RAB YouTubeチャンネル

RAB Official Twitter

RAB Official Facebook

RAB Official NicoNico Channel