アニイベZイベントレポート│Re:animation Extream 01(東京・代官山)Space Odd 2017年1月22日(日) #reani_dj





 

トップ

アニイベZ イベントレポート│Re:animation Extream 01

(東京・代官山)Space Odd 2017年1月22日(日)

 

2017年の『Re:animation』は、新しいコンセプトを掲げるNEWパーティーとして、そして野外フェスへのオルタナティブとして『Re:animation Extream 01(以下:リアニEX01)』という新しいクラブイベントの形式をとり、東京渋谷区の『Space Odd(スペースオッド)』にて幕を開けた。

「アニメ×ダンスミュージック/新時代の都市型フェス/新宿歌舞伎町への帰還」真夏の空の下、最高に暑くそして熱い新宿歌舞伎町に3000人以上を集め、3つのフロアを使用し大きく開催された2016年7月10日(日)『Re:animation 9 -Rave In 新宿歌舞伎町-』あの夏の日から196日目の2017年1月22日(日)、25歳以下限定の公募DJコンテスト、普段アニソンDJパーティーには出演しないであろうゲストDJ、学割を利用出来る入場方法などの若い層へアプローチも含み、どのような新しいコンセプトのNEWパーティーを行うのか期待に胸が膨らむ。

Space Odd-1

渋谷区猿楽町の新たなる音楽拠点として、新しく2016年4月にオープンした ライブ・ハウス『SPACE ODD』 代官山/渋谷/恵比寿 複数の街と空気が交わる、何か特殊な場所であり、元は数々の伝説のパーティーが開催されていた『代官山AIR』の後地にその門を構える。

Space Odd-2
深夜はハイブリッドに表情が変わり、同じスペースでクラブとして『SANKEYS TOKYO』を展開、ライブ・ハウス/クラブが両立できる最高の音響、そして演出の為の設備を備えている。

 

EX01開始前列

冬の寒空の下、『SPACE ODD』の前にはパーティー開場前から、入場を待つ多数のオーディエンスの列が出来ており、ユーザーからの新しい『Re:animation』への期待と希望を感じさせる。

 

OP後藤王様

リアニEXオープニングのMCは後藤王様、軽快なトークでリアニEXのスタートから会場を盛り上げ、DJ公募コンテスト優勝者 ふくゐちゃん を大きく紹介。

『出れんのか?!リアニ!!』として2016年12月にネット上にて公開された「リアニEX01への出場権」と「Re:animationが目指すシーンを一緒に作っていける仲間」を募集するコンテスト、コンテスト応募者36名の中から、WEBでの人気投票とリアニメーションレジデントDJ及びスタッフ審査での総合審査の中、最高の評価を得た『リアニEX01』一人目の主役 ふくゐちゃん を、後藤王様とフロアのオーディエンスが向かい入れる。

ふくいちゃん-1

ふくゐちゃん 注目の1曲目は、アニメ『スペースコブラ』のOP“コブラ”。そう 『踊れる!アニソンDJイベント「アニソンディスコ」』でおなじみ、「コブラジャンプ」の、あのコブラだ。
「アニソンディスコ」のレギュラーDJでもある ふくゐちゃん 「アニソンディスコ主将BAN BAN BAN鮫島ヒロミ」直伝の煽りとまさに本物の「コブラジャンプ」で1曲目から、フロアのオーディエンスのハートを掴む。

ふくいちゃん-2

その後も、『ハッチポッチステーション』OPの”ハッチポッチファミリー”『ポケットモンスター』初代OPの”めざせポケモンマスター” 映画『君の名は。』挿入歌『RADWIMPS』の“なんでもないや”アニメ『創聖のアクエリオン』OP”創聖のアクエリオン”アニメ『TIGER & BUNNY』前期OP”オリオンをなぞる”など、 ふくゐちゃん が得意とする曲をミックス。

ふくいちゃん-3

DJ MIXの技術や選曲はもちろん、オーディエンスへのパフォーマンスの力も兼ね備え、その『リアニEX』のメインフロアに立っているのは、は東大を卒業した若手アニソンDJではなく、『アニソンディスコ』『チャラ★アニ!』など、数々のイベントへのレギュラー出演と、パーティーへのゲスト出演により経験を積み成長した、堂々としたDJの姿であった。会場にいたオーディエンスはもちろん、リアニEX DJ公募コンテストに応募し、会場に顔を見せた若手DJの何人もが優勝を納得する、最高のプレイを見せた。

 

遠藤ゆりかさんDJ-1

歓声の中、3番目の出演者が登場するメインフロア。声優としてはもちろん、アーティストとして活動している、注目のGuest DJ 遠藤ゆりか のDJがスタートする。近年はDJとして、アニソンをDJスタイルで届けるイベントへの出演も多く、今を時めく注目のDJとしてその活躍の幅を広げている。

DJ開始時の煽りも力強く、良い意味でアイドル的ではない、アーティストやDJとしてのメッセージ性すら感じさせる、力強いスタートを切った。

遠藤ゆりかさんDJ-2

アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 2』ED『EGOIST』の” Fallen”、アニメ『オーバーロード』ED『 MYTH & ROID』の”L.L.L.”同じくアニメ『オーバーロード』OP『OxT』の” Clattanoia” 、アニメ『ステラのまほう』ED”ヨナカジカル” アニメ『フリップフラッパーズ』OP『ZAQ』の”Serendipity”など、DJとして会場の空気を作りながら、曲と曲を繋げ、アニメ作品への愛をも感じさせるDJプレイで、本人のファンはもちろん、初めて彼女のDJを体験する、『Re:animation』のオーディエンスもを、巻き込み『SPACE ODD』のメインフロアはどんどん熱くなる。

 

吉田尚記さん-1

NEXT DJは、ニッポン放送のアナウンサーでもありながら、アニメ、アイドル、落語など多彩な幅広い知識と、尖った個性でアナウンサーの枠を超える“日本一忙しいラジオアナ”としてネットでも有名な 「よっぴー」こと 吉田尚記 がメインフロアに登場。

ニッポン放送で月曜深夜に放送されている「吉田尚記 dスタジオ supported by docomo」が番組を飛び出し「知らないアニソンでは盛り上がれない!撲滅委員会」として、今年の1月に放送を開始した、新しいアニメの主題歌だけを使用しリアニEXのメインフロアでDJを行うという、かなり実験的な試みが始まる。

吉田尚記 dスタジオ supported by docomo
http://www.allnightnippon.com/d_studio/

アニメの主題歌や劇中歌をDJスタイルで届ける「アニソンDJ」の世界、インターネットで少し検索を行えば「アニソンに対しての思い」「DJの盛り上げ方」「原曲原理主義者 VS アニクラDJ」「パーティーやイベントへの意見」等、様々なコメントなどが書き込まれている。ネットの世界の事なので、中には心無い書き込みなどももちろんである。中でも良く話題に登るのは「アニソンDJ アンセム」そう、DJパーティーで盛り上がる曲「みんなが知っているアンセム曲」。

吉田尚記さん-2

『Re:animation』の主催者や関係者が、音楽レーベルから集められる限りの、2017年 冬アニメの主題歌を集め、その中から吉田尚記が選曲しDJを行う、もちろん「みんなが知っているアンセム曲」は1曲も無い、「これからみんなが知りアンセムになる曲はあるかもしれない」が、世間の評価がまだ数字にも出ていない、ほとんど真っ白な状態だ。
結論から言うと、フロアは大いに盛り上がった。 吉田尚記 の見事なMCはもちろん、『Re:animation』の空気や『SPACE ODD』の環境も合わさり、そこには「みんなが知っているアンセム曲」のながれるクラブ同じ様に、フロアには沢山の笑顔が見受けられた。

コーナー中にて、紹介された、音楽を中心に映像や物語が一体となって織りなされるクロスコンテンツプロジェクト『nowisee(ノイズ)』の紹介は、少しずるいなと思いながらも、音楽と映像がかっこよく、ライター本人もアプリをダウンロードさせて頂いた。

nowisee(ノイズ)オフィシャルサイト
http://nowisee.jp/

 

遠藤ゆりかさんLive-1

そして次の出演は、先程メインフロアを熱くさせた 遠藤ゆりか がLIVEセットで登場。

遠藤ゆりかさんLive-2

『リアニEX01』の為に選ばれたLIVE楽曲は”はじまりのうた”パラレルスパイラルライン”など、彼女の魅力と歌声がフロアに届くと、彼女のファンを中心に始まった、LIVE独特のオーディエンスの掛け声が、メインフロアに響き渡る。普段は彼女のLIVEには行かないオーディエンスも巻き込み、メインフロアは正に盛り上がるLIVE会場の様な状態に。

 

muraさん-2

続いて、『「劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール- 」vs Re:animation スペシャルDJタイム-』のDJとして Mura がメインフロアに登場。神奈川県川崎市に店を構え、日本で初めてのアニソン箱として有名な「club 月あかり夢てらす」の代表、そして現在、全国で開催されている「アニソンクラブイベント」の原型の1つでもあり、2017年の3月に開催9周年を迎えるアニソン原曲主体のイベント『ヲタリズム』を立ち上げた本人でもある。あくまで僕が知る範囲の話だが、 mura ほど『LiSA』への愛にあふれるアニソンDJを僕は知らない、VJの表現する映像と公式に提供された映像素材とも合わさり、作品への愛が溢れる渾身のプレイを見せる。

muraさん-1

プレイ楽曲は。
『LiSA』”crossing field”No More Time Machine”シルシ” Catch the Moment”
『春奈るな』”Startear” Overfly”夜の虹を越えて”Windia”
『戸松遥』”ユメセカイ”セパレイト・ウェイズ” courage”
『藍井エイル』 ”虹の音”シンシアの光”lgnite” INNOCENCE”などなど
『ソードアート・オンライン』関連楽曲をプレイ。音と映像に没頭し感動で泣き出すオーディエンスも現れる中、感動のDJでメインフロアを包み込んだ。

劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-公式サイト
http://sao-movie.net/

 

KazumaKawaharaさん-1

続いてのDJは、注目のGuest DJ Kazuma Kawahara。
2.5次元ミュージカル『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』縁下力役等で活躍する俳優「川原一馬」、実はDJとして Kazuma Kawahara名義で有名な数々のイベントへ出演しCLUB DJとして活躍をしている。世間一般的に「EDM」として認知されている『KSHMR & Marnik feat. Mitika』の”Mandala”や『Axwell Λ Ingrosso』 “Dream Bigger”などゴリゴリの「クラブミュージック」を皮切りにゲーム『スーパーマリオブラザーズ』楽曲や『モンスターハンター』の楽曲、そして世界的に有名な日本人となった『ピコ太郎』の” Pen-Pineapple-Apple-Pen”をクラブミュージックとしてプレイ。

_36E5949

慣れたMCで「次は何?アニソン?ボカロ?」などオーディエンスの空気を感じ、そしてメインフロアを読みながら選曲を行う姿はまさにDJ。『リアニEX01』前に下馬評として囁かれていた「俳優?DJ?なの?」などの空気を完全に払拭し、圧巻のプレイを見せ付けた。

KazumaKawaharaさん-2

さらに特別ゲストとして『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』で東峰旭役として共演し、『仮面ライダーフォーゼ』大文字隼人役、などで知られる、 冨森ジャスティン がサプライズでメインフロアへ登場。オーディエンスの女性はもちろん、男性も含めフロアは大興奮。そしてKazuma Kawaharaがプロデュースし『Re:animation』のレジデントでもある、DJ MASAKARIが作成した、アニメ『ハイキュー!!』のED”天地ガエシ”のREMIXを披露、 MASAKARI もステージに上がり、フロアの空気はパーティー終盤に向かい加速してゆく。

 

TeddyLoidさん-1

そしてフロアは本日のSpecial Guest DJ TeddyLoid を迎え入れる。
アニソンを、DJが届けるスタイルのイベントに遊びに行くオーディエンスなら、ほぼ皆が聞いたことのある楽曲、アニメ『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』の” D City Rock” “Fly Away”や『日本アニメ(ーター)見本市』で有名な” ME!ME!ME! feat.daoko”『専門学校HAL』のCMソングとして有名な”ダイスキ””ダイキライ”などの、それこそかっこいい先進的な楽曲やアニソンのオンパレードに、オーディエンスは大興奮。

TeddyLoidさん-2

アニソンDJイベントにて、今までありそうで無かった DJ TeddyLoid のプレイに、フロアのオーディエンスはもちろん、『Re:animation』のスタッフやライター本人も大興奮。関係者も「アーティスト本人のDJは凄さが違う!」など俗的ではあるが、興奮を隠せないコメントを連呼し、『Re:animation』の元々のオーディエンスはもちろん、初めてクラブに足を運ぶのオーディエンスも一体となり、手を上げ声を出し、メインフロアは大歓声の渦に包まれていた。

 

ending-1

また、B1フロアでは、公募コンテスト『出れんのか?!リアニ!!』にて優秀賞に輝いた、ニコル / ヒデヲ そして審査員特別賞として入賞した POLYGONBEAM / ヒコクと若い4名のDJプレイが披露された、時間の都合上取材は叶わなかったが、まだ若く今後の期待されるDJが火花を散らすフロアでは、ラウンジとは思えないほどオーディエンスが盛り上がり、熱い戦いが繰り広げられていた。公募コンテストに応募した他31名と共に、今後の活躍に期待したいと思う。

ending-2

 

総合的な感想として、今回多数の実験的な新しい試みへチャレンジを行ったリアニEX、フタを開けてみればオープン時間から多数のオーディエンスが詰めかけ、最終的に350人以上が冬の寒空の中『SPACE ODD』へ来場、集客的にも大成功を納める事が出来た。

反面ではあるが、新しい試みや有名な出演者をブッキングするパーティーでは、全てのオーディエンスが、全ての出演者を歓迎して迎え入れる事は難しいのかもしれないし、それは当たり前の事かもしれない。今回のリアニEXでは、出演者毎のフロアの移動が他のパーティーと比べても、かなり多かったようには感じた。

ただ、オーディエンスから観て、その日に何が起こるのかが事前に予想出来てしまい、毎回のように同じ雰囲気のフォーマットで、いつもと同じような出演者がいつもと同じような曲を届け、既存を前述に繰り返す様なパーティーでは、いつしかオーディエンスには飽きられてしまうとも思う。現在開催されている、一部のアニソンDJパーティーに見えるマンネリ的な課題について、一石を投じる開催内容になったのではと個人的には考える。
もちろん、パーティーのブランドを守る事や、既存を繰り返していく事は大切である。未来よりも、目の前に今、遊びに来てくれているオーディエンスの楽しむ場所を守り、前述を続けて行く事も、アニソンDJパーティーには必要なことだとも思う。

既存の楽しさと、新しい事の融合で起こる化学反応が、アニソンDJパーティーの今後を良くして行くのだと、『リアニEX01』では感じる事が出来た。
そして、個人的に次回2017年4月15日(日)に開催の決まった『リアニEX02』には、取材を抜きにして遊びに行き、知っている曲で喜び、知らない曲をその場で覚えて踊る、アニソンの良さとクラブ遊びの良さの両方を、全身で体感じたい思っている。

 

イベント名:Re:animation Extream 01
アニイベZ Re:animation Extream 01 紹介ページ

取材日:2017年1月22日(日)
会場:代官山Space Odd(a.k.a. Sankeys TYO)
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町2-11-302
http://www.spaceodd.jp/
http://www.sankeystokyo.info/

パーティージャンル:オールジャンル

出演者
Special Guest DJ:TeddyLoid Guest
LIVE&DJ:遠藤ゆりか
Guest DJ:吉田尚記 / Mura / Kazuma Kawahara / DJ MarGenal
Resident DJ:後藤王様 / spacetime / Fish&Chips / Hedonist / asanoappy
DJ Contest Winner:ふくゐちゃん / ニコル / ヒデヲ / POLYGONBEAM / ヒコク
VJ:VJ Spike-Bloom / SIGMA/ASTE

企画・制作:合同会社アクペリエンス
協賛:NTTドコモ
協力:アニプレックス / 専門学校HAL / ニッポン放送

Re:animation 公式HP  http://reanimation.jp/
Re:animation 公式Twitter : https://twitter.com/reanimationjp

 

このレポートを書いた人

ワタナベイチローちゃん
アニイベZ代表/イベントプロデューサー/DJ/ライター

zAdzwHYA_400x400

Twitterアカウント : https://twitter.com/ichiro_chann
Facebookアカウント : https://www.facebook.com/ichiro.chann
Instagramアカウント : https://www.instagram.com/watanabe_ichiro_chan/

2004年単身上京、PAエンジニア/レコーディングエンジニアとしてフリーで活動後、2005年以降の国内ミュージックシーンの劇的な動きと変化を感じ、転職を決意。2011年、秋葉原にて開催されている、アニソンDJの出演する パーティーに衝撃を受け、その世界にのめり込み、翌年アニソンDJイベントの情報サイトを立ち上げる。現在はサイト運営とパーティー運営の両方を行いながら、DJがアニソンを届けるパーティーが世間に受け入られる為に活動。
『トップをねらえ! 』『新世紀エヴァンゲリオン』など GAINAX制作のロボットアニメの話をさせると、テンションが上がってめんどくさいので、話をふってはダメ。

2012年 8月 「アニイベZ」の前身となるWEBサイト「アニイベ!!」を立ち上げ。
2012年 10月 アニソンDJイベントポータルサイト「アニイベZ」立ち上げ。以後代表を務める。
2013年 9月 Re:animation へスタッフとして参加。
2014年 4月 dameTunes立ち上げに参加、以後2015年冬までパーティーの制作全般と中の人を務める。
2014年 6月 ライターとして『アニソンDJ・ボーカロイド・ネットミュージック専門雑誌オトカルチャー』立ち上げに参加。
2015年 5月 日本全国のイベントを集める趣旨の総合DJフェス「晴れ色フェス」を立ち上げ。オーガナイザー/
2015年10月 Re:animationアフターコラボパーティー「晴れ色エクストラ」シリーズを立ち上げ。オーガナイザー/
2016年 7月 Re:animation 9公式アフターコラボパーティー「夏色エクストラ」を開催。オーガナイザー/