2018/7/6

ROOTS A GO-GO! Vol.14(東京・渋谷)OTO 2018年7月6日(金)#るつあご





http://twvt.me/rag14

Hashtag #るつあご

 

様々な音楽好きが行き交う老舗良音箱の、イイ音と美味しいお酒。
イイキョクに没頭出来る、最高に心地よくて、最高にシンプルなパーティーがここにあります!
ROOTS A GO-GO! Vol.14

アニソンという音楽を、その周辺の音楽と共に
ただただイイオトで聴く事にこだわりました!


■□ 日時 □■
18’7/6(金) OPEN 23:00 – CLOSE 翌5:00

■□ チャージ □■
1,500円(1ドリンク付)
※飲み物持ち込み不可、おつまみ持ち込み歓迎

■□ 会場 □■
渋谷OTO
東京都渋谷区渋谷3-18-7 渋谷東一号館ビル5F
(一階はカレー屋さん「上等カレー」のあるビル)

 


■□ タイムテーブル □■

98390436_20180703234934

 

■□ DJs □■

DJ TATSUTA / OROCHI / kiki’ch /
新巻鮭ノボル / DJ蕨 / ヒコク / DASSAN


DJ TATSUTA

90年頃、幼馴染みのMCU(KICK THE CAN CREW、マツリルカ)とグループ「Radical Freaks」を結成。
DJ DOC HOLLIDAY(現:須永辰雄)・ECD両氏のオーガナイズするイベントでのプレイを経て、95年にイベント「DYNAMITE」を立ち上げ、メインDJをつとめる。その後EASTENDやRIP SLYME、RHYMESTERがオーガナイズする「FG NIGHT」や、ケツメイシのDJ KOHNOがオーガナイズする「JOY RIDE」へ参加。アグレッシブなセンスと、正確なスキルを併せ持つDJプレイを武器に、全国各地のクラブを盛り上げ続けている。

またトラックメイカーとして、KICK THE CAN CREWをはじめ、ケツメイシ、平井堅、平子理沙、FUNKY MONKY BABYS、MEG、エイジアエンジニア、MCU ft いとうせいこう、嵐など、様々なアーティストにトラックを提供。また、KREVAと共に「顔PASSブラザーズ」というプロデュースユニットを結成し、2004年のKICK THE CAN CREWのアルバム「GOOD MUSIC」収録曲のほぼ半分をプロデュースした一方で、アメリカのカリスマ女性ラッパー、ミッシー・エリオット「PASS THE DUTCH」のremixを手掛ける。
2005年には、FGの仲間と、ダイナマイトの出演者を総動員した、イベントと同タイトルのアルバム「DYNAMITE」をリリース。さらに同年、ケツメイシのDJ KOHNOと共に、レギュラーDJとして参加するイベント「JOY RIDE」から、イベントと同タイトルのアルバム「JOY RIDE」に3曲参加。
2008年、横浜に出来た大型CLUB Bay SideのコンピレーションアルバムをTOTALプロデュース。同年、女性二人組NUDYLINEのMINI ALBAMにて『灼熱の踊り子』など3曲をプロデュース。
2009年、MCUアルバム「SHU HA RI」をプロデュース。同年、エイジアエンジニア、アルバム「FANTASTIC FOUR」にプロデュースで参加。  
   一方、Woofin・blast・BMRといったヒップホップ雑誌で連載を持つ「ライター:龍田雅登」としても活動してきており、DJ、トラックメイカー、ライターとして、日本のHIP HOP界に様々な影響を与えてきた。現在はhiphopの感覚で、和物、アニソン、SOUL、FUNK、JAZZなどをジャンルレスに選盤するDJとして、また藤子不二雄マニアとして現場からSNSまで盛り上げている。

OROCHI
(Xi-lium/ani-tivity/秋葉原県立オタク工業高校/雑飲み部)

2014年よりDJとしてのキャリアをスタート。アニソン原曲を中心にプレイし、活動開始当初より幾多のパーティーに出演、シーンでの存在感を着実に増して行く。2015年には、若手実力派DJ,VJ陣と共にA-POP DJ パーティー「ani-tivity」を立ち上げ、オーガナイザーを務める。レジデントDJとして、秋葉原MOGRAにて毎月第2日曜日に開催されている「Xi-lium」、奇数月第2金曜日に開催されている「秋葉原県立オタク工業高校」に所属。現在、都内を中心に精力的に活動中。

Twitter : https://twitter.com/orochi_no_gotok


kiki’ch
(NEWKOOL/雑飲み部)

2014年よりBass MusicにてDJ活動開始
2015年、若手DJ達と「NEWKOOL」を旗揚げ
同年、秋葉原MOGRA「Xi-lium」の第4回公募選出を経て活動の場を大きく拡大
現在は秋葉原MOGRAを中心に都内外の大小様々なパーティへ精力的に出演を行なっている

新巻鮭ノボル
(アニソンディスコ)

好きな折原は臨也、好きな高尾は和成。
高校時代に付き合っていた彼女に薄い本を朗読させられた過去を持つアニソンDJ


ヒコク
(OTA-nation [ヲタネーション])

「皆が楽しめるフロア」をモットーに目下DJ活動中。
2014年4月 社会人デビューとほぼ同時にDJデビューを果たす。
その後も、まるで社会でのストレスを発散するかのように
東京近郊を中心として勢力的に活動を続ける。
2015年にはOTA-nation!!<おたね~しょん>枠にて
冬の宴(ディファ有明)ゴールドフロアに出演。
てーきゅうメドレーをかまし、一部で話題になる。
2017年にはRe:animation初の公募『出れんのか?!リアニ!!』にて審査員特別賞を受賞。
『誰よりも楽しそうに』を意識し
躍動感とライブ感に溢れたプレイスタイルで、たまに歌いだします。


DJ蕨
(Digging Lounge/アニメを縛る/A.P.P/music party/Exit/ちゃいりふ/あにりずみくす/アニソンクラブ×NEXT)

1990年埼玉県蕨市に生を受け
2014年4月よりレペゼン蕨市としてDJ活動を開始。
無類の低BPM好きであり隙あらばEDを
スタイルで関東を中心に活躍。ぶち込んでいく
2015年1月より「埋もれた名曲を掘り起こせ」を
テーマに共有型アニソンラウンジイベント
始動させ[Digging Lounge]を
アニソンを通して居心地のいい空間作りに励んでいる。


DASSAN
(ROOTS A GO-GO!/ジャイアントスイング・コネクション

アキバに住むオールドスクールオタク。バンド~生音系のアニソンを中心にオールミックスを得意とし、主催するアニソン系DJパーティー『ROOTS A GO-GO!』では、「ROOTS of GROOVE」をテーマに、アニソンDJの持つバックボーン、時代/ジャンルからの関連楽曲よりアニソンの持つルーツをなぞりつつ、クラブミュージックとしての可能性を探求している。

アニソン以外にもアイドル系、J-POP系DJイベントにもゲスト出演しつつ、プロレス楽曲DJパーティー『ジャイアントスイング・コネクション』を主催して新たなジャンルの開拓に努めている。

 


■□ 注意事項 □■
・アルコールの強要は止めてください。
・オタ芸やダンス等周りの方に危険の無いよう配慮の上お願いします。
・貴重品を含む手荷物は各自で管理してください。
・過度なナンパやセクハラ行為、未成年の飲酒・喫煙、
その他マナー・法令に反する迷惑行為は絶対にしないでください。
・スタッフの指示があった場合にはその指示に従っていただくようお願いいたします。
指示に従っていただけない場合はやむをえず退場いただく場合がございます。

 

Date & Time

2018/07/06(Fri)

23:00〜05:00

Location

渋谷OTO

日本国

東京都渋谷区渋谷3-18-7 渋谷東一号館ビル5F

渋谷警察署の向かい富士そばのある通りの上等カレーのあるビル5階